ご依頼 お問合せ

________________

________________

 


正統派の書から個性豊かな

  デサイン書まで

  さまざまな筆文字を

  お届けしております


  ロゴ・タイトルなど商業用の

  筆文字 および書作品など

  筆文字のことは

  お気軽にご相談くださいませ

本 日 の 想 書

日々の想い、過去の想い、感じたことなどを「書」にしています

 

本日の想書 一覧へ

 

7 月

7月30日   7月31日


 



「夏木立」

大阪は緑が極端に少ないように思います。
木や緑の多いところといえば、
奈良や京都が思い浮かびます。

 

「片蔭」

炎天下では、どうしても日陰を選んで歩いてしまいます.

 

 

7月28日   7月29日


 



「打水」

打水でささやかな涼をとります。


 

 

「旬の味覚」

葉がついている桃は、店頭で見かけないので
UPしました。
珍しいですね。
雅号に「桃」がついていますので、
「桃」に関連するものは、
活字でも花でもすぐに視界に入ってきます。

桃にちなんで、丸みを帯びた字で書きました。

7月26日   7月27日

a

 

a

「風鈴」 

風鈴の音色で納涼。

 

 

 

「浴衣」 

子供のころは、浴衣姿で夏祭りへ行きました。

 

7月24日   7月25日


 





「言わぬが花」

 

「泣いて暮らすも一生 笑って暮らすも一生」

と言うことで、笑顔が一番。

 


7月22日   7月23日

 



「夏を楽しむ」

冷房とシャワーの存在をありがたく思う
今日この頃。
夏を楽しみましょう.

 

 

「大暑」

二十四節気の一つ。一年中で最も暑い時期。

 

 


7月20日   7月21日




 

「秋初月」  (あきはづき) 

7月の異称。

 

 

「夏の東欧旅行」

友人が、東欧に旅立ちました。
いつかわたくしも……。

 


7月18日   7月19日

 

「朝の道」 

朝、散歩をするとすがすがしいです。

 

 

「花氷」 ( はなごおり)

花を入れて凍らせた氷の柱。

 


7月17日




「はてしなくつづく空」


このような作品がお店や部屋の壁一面に飾られていると、
さわやかな気分になるかもしれません。

写真は、本日の大阪の空、梅雨も明け晴れています。


7月15日   7月16日


 

「涼」

ここ数日のように涼しいと、農作物の成長が気にかかります。
やはり夏は、今日のように暑くないと。

 

 

「希望に満ちて」

人生の節目のときには、
希望に満ちていることが多いですね。
私も書道の創作の仕事をはじめようと思ったとき、
希望に満ちていました。


7月13日   7月14日


 

「今日無事」

昨日のようなデザイン書ではなく、「草書」で
書きました。

一大事が起きた後は、一日何事もなく、
つつがなく過ごせることに幸せを感じます。

 

 

「晴耕雨読」

晴れた日は田畑を耕し、雨の日は家にこもって
読書。
雨の日が続きます。
悠々自適の生活とはならず、晴雨に関係なく、
土日関係なく書道三昧(仕事)の日


7月11日   7月12日




 


「麦藁菊」  (むぎわらぎく) 

花言葉 永遠の記憶

 

 

「女郎花月」 (おみなえしづき)

陰暦7月の異称。

 


7月9日   7月10日

 




「漂亮」(中国語) 美しい

語学習得の困難なことの一つが、単語の記憶。
以前中国語を勉強していた時、
一度で覚えられた単語のひとつが、
「漂亮」 / piào liang/  ピアオリャン

響きが美しいからか、頭にスーッと入ってきました。
こんな単語ばかりだったら、いいのですが……。

 

 

「美丽」(中国語)美しい

/měi lì/も 美しい。「丽」=麗

美しい国と書く「美国」/měi guó/は、アメリカ。
「日本」は、日本/

 


7月7日   7月8日



 

 

「七夕祭り」

子供のころは、短冊に願いごとを書きました。

 

 

「忘」

本日自転車でお買い物。
買い物が終わって15分後に戻ると
手提げ袋だけを手に持ち、
前のかごにハンドバックを忘れていたことに気づきました。

暑さのせいか、齢のせいか、何かと忘れます。
よくないこともすぐに忘れるので、
その部分では、やや快適です


7月5日   7月6日



 






「前向き」

大阪では、湿度の高い日が続きます。
前向きを維持するのが、むずかしくなる暑さです。

 

 

銀河」

夜空を見上げると、一面の星。
大きな悩みごとも、アリや砂粒のように
小さな小さなことに思えます。

 


7月3日   7月4日

 



「がんばる わたし」

生きている限り、 老若男女、年齢性別問わず、
それぞれの分野で、人はみんながんばっています。
「あなた」と書かず、あえて1人称に。


 

「大丈夫」

切羽詰まったときに10回唱えると、
本当に大丈夫になります

 


7月1日   7月2日


 

「文月」

もう7月。まだ7月。
今月もはりっきってまいりましょう。


 

「余裕があるとやさしくなれる」

仕事やいろいろなことを抱えすぎていると
自分のことで精一杯で、人にやさしくする
余裕がなくなります。


本日の想書 一覧へ